青の花茶は作り置きしても大丈夫?

青の花茶は作り置きしても大丈夫?という質問をよく見かけます。
確かに、朝作っておくことで水筒などにいれれば持ち運ぶこともできますよね。

 

結論から言うと、青の花茶は作り置きでも問題ありません。
ただし、朝作った場合はその日のうちに飲んでしまうほうが良いでしょう。

 

オススメの作り置き方法

青の花茶の作り置きする場合は煮出す時間を工夫しましょう。
青の花茶1包でだいたい1リットルのお茶をつくることができます。

 

量によっても変わりますが、ホットで飲む場合は5分程度、アイスの場合は10分程度煮出すことがコツです。

 

アイスのように冷たく飲む場合、しっかりと濃くに出しておいた方がおいしく感じることができます。

 

また、濃く煮出すことによって、牛乳や豆乳、ジュースなどで割って飲むということも可能になります。

 

毎回同じ飲み方だとどうしても飽きてしまいがちですのでアレンジして飲む習慣を維持しましょう。

 

【おまけ】青の花茶を牛乳で割ってみました

 

青の花茶牛乳割

 

青の花茶の牛乳割りです。
もちろん牛乳の分カロリーは多くなりますが、同じ味に飽きてきた場合にはオススメです。

 

作り方も簡単で、濃いめに煮出した青の花茶を少し冷まします。
その中に冷たい牛乳を注ぐだけ。

 

青の花茶のスッキリとした甘みが牛乳でまろやかになってとってもおいしいですよ♪