青の花茶はいつ飲むのが効果的?3つの飲み方のポイントを紹介

本当に痩せるとSNSで話題沸騰中の青の花茶ですが、いつ飲むのがいいか知りたい!
もっと効果的な飲み方があるはず!

 

今回は青の花茶の飲み方について解説していきます。

 

青の花茶を効果を上げる3つのポイント

食事と合わせて飲む

青の花茶の効果を感じるためには続けることが大事です。
その為にも食事と合わせて毎日飲むようにしましょう。

 

食事と甘い飲み物が苦手という場合は薄めに作ることがポイントです。
青の花茶は濃く出すことで甘味が強くなります。

 

おやつの代わりに飲む

おやつの代わりに青の花茶を飲むようにしましょう。
青の花茶はノンシュガーでノンカロリーなのでおやつの代わりにするだけで摂取カロリーを抑えることができます。

 

ダイエット中はどうしても甘いものが食べたくなりますよね。
そんなときに青の花茶を飲むことでおやつの代わりになり、ストレスもたまりません。

 

冬場ならホット、夏場ならアイスで飲むことができるのも嬉しい点ですね。

 

就寝前に1杯飲もう

青の花茶は就寝前に飲むことも効果的です。
ノンカフェインなので寝れなくなることもありませんし、ポリフェノールがたっぷりなので日々のストレスを軽減してリラックスした状態で就寝することができます。

 

寝る前に飲むことで、翌朝のお通じもよくなり、効果を実感しやすいのも嬉しいですね。

 

 

青の花茶の飲み方

青の花茶はホットでもアイスでもおいしく飲むことができます。
青の花茶の作り方を簡単に紹介します。

 

青の花茶をホットで飲む場合

  1. カップにお湯を注ぐ
  2. ティーパックを1包入れる
  3. 3~5分蒸らす
  4. スプーンなどでかき混ぜティーパックを取り出す

 

青の花茶をアイスで飲む場合

  • カップにお湯を注ぐ
  • ティーパックを1包入れる
  • 6~10分蒸らす
  • スプーンなどでかき混ぜティーパックを取り出す
  • 氷の入ったグラスに入れ替える
  •  

    これだけでおいしい青の花茶を飲むことができます。
    蒸らす時間によって甘味が変わるので好きなタイミングに調節してくださいね。

     

    アイスにするときは少し長めに蒸らすことがポイントです。
    水からでも作ることはできますが、お湯で作った方が本来の味が感じやすいと思います。