青の花茶は妊娠中・授乳中でも飲んでいい?

青の花茶はダイエットサポートのお茶としてとても人気です。
そんな青の花茶ですが、妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのでしょうか。

 

妊娠中は気になることや悩みは多いですよね。

 

  • 体重の管理
  • 赤ちゃんへの栄養
  • カフェインを摂らない
  • 肌荒れが気になる
  • 便秘になりやすい

 

など、色々な悩みを抱えていると思います。
妊娠中はカフェインなども控えないとダメなので、コーヒーや紅茶が好きな人はストレスもたまりやすいですよね。

 

特に妊娠中の悩みとしてよく聞くのが便秘です。

妊娠すると便秘になりやすいわけ

  • ホルモンバランスが変化する
  • つわりで食事が食べれなくなる
  • 子宮が大きくなり、腸が圧迫される為
  • 赤ちゃんの血液や羊水に水分が必要になる

これらの原因によって便秘になりやすくなります。

 

便秘の状態が続くと、身体がむくんだり、体重が増えてしまったりなど悪循環にもなりかねません。
なによりもつらいですよね。

 

しかし、赤ちゃんへの影響を考えると下剤などで無理だすことは避けたいです。
そんなときはデトックスティーを飲めばいいんだ!

 

そんな記事をたまに見かけます。
しかし、青の花茶は妊娠中は飲んではいけません

 

青の花茶を妊娠中にのんではいけない理由

青の花茶の主原料であるバタフライピーが理由です。

 

バタフライピーは妊娠中には摂取してはいけないハーブです。

  • 下剤作用
  • 子宮収縮作用
  • 血小板凝固の抑制作用

 

これらの作用があるので青の花茶を妊娠中に飲むことはやめておきましょう。

 

当サイトでは、必要のある場合はかかりつけ医に相談することを推奨しています。
妊娠は自分だけではなく、子供に関わることです。

 

一人で判断せず、お医者さんに相談してみましょう。